2020年度12月例会連絡書

下記のように12月例会を行いますのでお集まりください。
会長 小澤純

日時: 2020年12月27日(日)18時00分より
場所: 渋谷ホール 03(6427)0115
https://www.shibuyahall.com/
発表: 小澤由理、小島慶子、松岡直子「フランス音楽のエッセンスを求めて」
会費: 会員:無料/非会員(一般):2,000円/非会員(学生):1,000円
※定員の30名を満たした場合は、それ以上の参加はご遠慮頂きます。

内容要旨

  • G. フォーレ 小澤由理
    フォーレは正しく理解されていないと感じる。真のフォーレとはどんな作曲家なのか、それを作品を通して考える。
  • C.ドビュッシー 小島慶子
    ドビュッシー特有の音の響きはどのような奏法から生み出されるのか、ピアニストの証言も参考にしながら探っていきたい。
  • M.ラヴェル 松岡直子
    ラヴェル作品を、真にその作曲家と作品に寄り添い演奏するためにアプローチできることを、今年度のこれまでの例会で得た学びも糧にしつつ、一演奏家という立場でお話できればと思っている。
    曲は鏡を中心に数曲のピアノ作品を取り上げ、標題のこれまでの和訳の錯誤と真意、具体的に曲の解釈の鍵になることなどを盛り込む予定である。