演奏表現学会

Creative Expression in Musical Performance Research Association

Slide 園田高弘

音楽の表現はあくまで個人個人の問題であるが、
それは音楽に関係する様々な分野と密接に関わりをもっている。
そうした演奏諸問題について、色々な角度から議論し
考察してゆくことは望ましいし、是非とも必要なことと思っている。
巻頭言 園田高弘

音楽の表現はあくまで個人個人の問題であるが、
それは音楽に関係する様々な分野と密接に
関わりをもっている。
そうした演奏諸問題について、色々な角度から議論し
考察してゆくことは望ましいし、是非とも
必要なことと思っている。
園田高弘

音楽の表現はあくまで個人個人の問題であるが、
それは音楽に関係する様々な分野と密接に関わりをもっている。
そうした演奏諸問題について、色々な角度から議論し
考察してゆくことは望ましいし、是非とも必要なことと思っている。
Slide 音楽というものは、あくまで譜面に記された記号が手掛かりとなる。
しかし、それを正確に弾くだけでは、単に音の高低が
並べられたに過ぎず、それによって表現が完了したことには決してならない。
このことは理屈では理解しているはずではある。
しかし、演奏表現とはどういうことであるかを、
徹底的に討論し実践に移す努力は意外となおざりにされている。
音楽というものは、あくまで譜面に記された記号が
手掛かりとなる。
しかし、それを正確に弾くだけでは、単に音の高低が
並べられたに過ぎず、それによって表現が
完了したことには決してならない。
このことは理屈では理解しているはずではある。
しかし、演奏表現とはどういうことであるかを、
徹底的に討論し実践に移す努力は意外と
なおざりにされている。
音楽というものは、あくまで譜面に記された記号が手掛かりとなる。
しかし、それを正確に弾くだけでは、単に音の高低が
並べられたに過ぎず、それによって表現が完了したことには
決してならない。
このことは理屈では理解しているはずではある。
しかし、演奏表現とはどういうことであるかを、
徹底的に討論し実践に移す努力は意外となおざりにされている。
Slide 音の集合によってフレーズやカデンツが形成され、
あるいはその集合によって、楽節が構成されてゆく。
その楽節が結集して緊張が高まり、頂点を形成し、
集合された楽節は形式として完結する。
しかし、その背景には当然、作曲家の感情と意思があるわけで、
それに対する理解と洞察がなければ〈演奏表現〉にはなりえない。
音の集合によってフレーズやカデンツが形成され、
あるいはその集合によって、楽節が構成されてゆく。
その楽節が結集して緊張が高まり、頂点を形成し、
集合された楽節は形式として完結する。
しかし、その背景には当然、作曲家の感情と
意思があるわけで、それに対する理解と洞察が
なければ〈演奏表現〉にはなりえない。
音の集合によってフレーズやカデンツが形成され、
あるいはその集合によって、楽節が構成されてゆく。
その楽節が結集して緊張が高まり、頂点を形成し、
集合された楽節は形式として完結する。
しかし、その背景には当然、作曲家の感情と意思があるわけで、
それに対する理解と洞察がなければ〈演奏表現〉にはなりえない。
Slide それはそこに何の表情記号が書かれていなくても、
当然理解されなければならないことである。
したがって音の高さを正確に並べて演奏するだけでは、
音の無機的集合体でしかない。
また音楽には和声の変化の裏付けがあって、
当然それにも無関心でいられないはずである。
それはそこに何の表情記号が書かれていなくても、
当然理解されなければならないことである。
したがって音の高さを正確に並べて演奏する
だけでは、音の無機的集合体でしかない。
また音楽には和声の変化の裏付けがあって、
当然それにも無関心でいられないはずである。
それはそこに何の表情記号が書かれていなくても、
当然理解されなければならないことである。
したがって音の高さを正確に並べて演奏するだけでは、
音の無機的集合体でしかない。
また音楽には和声の変化の裏付けがあって、
当然それにも無関心でいられないはずである。
Slide 専門的な研究というものは、
極めて根気のいる地道な努力の積み重ねによって成り立っている。
しかし、個々の分野での研究が、演奏にどのように
生かされているかというと、大体演奏する人間というのは
技術の習得のみに関わっていて、音楽の諸問題を考えようとはしない
傾向があり、実際には相互の分野の意見交換は皆無であって
機能していない。
専門的な研究というものは、
極めて根気のいる地道な努力の積み重ねによって
成り立っている。
しかし、個々の分野での研究が、演奏にどのように
生かされているかというと、大体演奏する
人間というのは技術の習得のみに関わっていて、
音楽の諸問題を考えようとはしない
傾向があり、実際には相互の分野の意見交換は
皆無であって機能していない。
専門的な研究というものは、
極めて根気のいる地道な努力の積み重ねによって成り立っている。
しかし、個々の分野での研究が、演奏にどのように
生かされているかというと、大体演奏する人間というのは
技術の習得のみに関わっていて、音楽の諸問題を考えようとはしない
傾向があり、実際には相互の分野の意見交換は皆無であって
機能していない。
Slide 勿論、作曲家とその作品についての知識、作品の構造と
それが作られた時代の背景への関心がなくしては、
演奏解釈というものは成り立たない。
以上の現実をふまえて、演奏表現学会は各専門分野の人々が
その研究の成果を鋭意披露し、それを討論することによって、
演奏にたずさわる人々にも無限の糧を与えることが
できるのではないかと期待している。
勿論、作曲家とその作品についての知識、作品の構造と
それが作られた時代の背景への関心がなくしては、
演奏解釈というものは成り立たない。
以上の現実をふまえて、演奏表現学会は
各専門分野の人々がその研究の成果を鋭意披露し、
それを討論することによって、
演奏にたずさわる人々にも無限の糧を与えることが
できるのではないかと期待している。
勿論、作曲家とその作品についての知識、作品の構造と
それが作られた時代の背景への関心がなくしては、
演奏解釈というものは成り立たない。
以上の現実をふまえて、演奏表現学会は各専門分野の人々が
その研究の成果を鋭意披露し、それを討論することによって、
演奏にたずさわる人々にも無限の糧を与えることが
できるのではないかと期待している。

研究発表

会員による例会での口頭発表や年報への論文投稿
※7月例会「研究発表」予定

講演

講演
※11月例会「発表」

ワークショップ

ダンス、ピリオド楽器試弾、調律、ソルフェージュ、即興などの体験型講座

演奏研究発表

研究を演奏につなぐ、コンサート形式による執筆や討論と合わせた発表

年報

査読つき論文、例会発表の要旨、講演傍聴記などを収録。国立国会図書館、国立音楽大学図書館で閲覧可能

最新トピック

2021年6月5日(土)

2021年度6月例会

「フランスの《ヴァイオリンとピアノのためのソナタ》とその周辺」詳細はこちらをご確認ください。

2021年5月29日(土)

2021年度5月例会

「フランスとオーストリアの音楽教育の比較~歴史的背景と音楽学校の現状から~」詳細はこちらをご確認ください。

2021年7月11日(日)

2021年度7月例会

「フランス音楽のエッセンスを求めて」詳細はこちらをご確認ください。